ゆるキャリママの家庭学習メモ

ゆるキャリママの家庭学習メモ

2025年中学受験予定?な息子とママの家庭学習の記録

週末家庭学習。全統小の解き直し、やってみました。

昨日は息子と先日受験した全統小の解き直しをしました。

わたしがトライしたかったのは、特に壊滅焼け野原だった国語!

 

模試を受けたのは初めてだったので、解き直しも初。

本当は、試験当日か翌日に解き直しを完了させるのがベスト!らしいですが、時間のある休日に親子でじっくり取り組みたかったのと、わたしの心が元気になるのを待ちたかった(笑)

お互いに心身共にリラックス状態でやってみましたよ~♪

 

まずは、国語の問題用紙を開き、配点を確認することから始めました。

息子は今回、漢字と語句の問題にほとんど全ての時間を使い果たしていたため、いかに長文読解で点数を獲得するのが大切か、わかってほしかったところがあります。

 

次に、時間配分をわたしと夫で決めました。

 

漢字と語句に10分。

長文読解に15分。

 

試験時間は30分なので、5分余る計算です。

そこまで説明したら、一旦時計を確認させていざ、スタート!

 

息子はチラチラ時計を見ながら問題を解き進めます。

その間、息子の様子は見守りますが、声はかけません。

 

あぁー。これって本当は過去問解いた時にやるべきでしたね(;^_^A

時間配分を意識させて解いたことはなかったから、本番でできないはずだわぁ。

 

反省しつつ、息子の解き進め方を観察すると、苦手な長文を読むスピードは思ったよりは速い。

以前にわたしが教えたように、文を指で追いつつ読み進めているし(長文はどこまで読んだかわからなくなることがあったため、その方法を教えています)採点してみると、8割はできている。

試験会場で緊張しながら解いても、これなら7割は超えるかな?

 

息子と1問ずつ確認しながら丸つけしたため、丸がつく度に嬉しそう。

 

息子「テストでも解いていたら、良い点取れたね!」

 

まだ見ぬ課題はあると思いますが、ひとまず今回は「時間配分の大切さ」を知れただけで収穫ありとします。

 

解き直しをして、わたしにとって収穫だったのが、息子は案外わたしや先生の話を聞いている、ということ。

算数が顕著だったのですが、「解説授業で先生がこうしてたー」「オンラインの先生がー、、、」等々、出てくる出てくる!

そしてきちんと正答していました。

melody9.hateblo.jp

 

いつもぽんやりしている、と思っていたけど、彼なりに自分のものにしようと努めているのかもしれません。

嬉しくって、ここはとっても誉めました(親バカ(笑))。

 

まだまだ低学年ですし、息子の成長を信じつつ、地道にやっていくしかないですねー。

 

melody9.hateblo.jp

 ↑こちらの記事に、温かなコメントを多数お寄せいただき、ありがとうございました。

元気になった今となっては、何をたった一回のチャレンジ(しかも初回)くらいで凹んでいるんだよー!!と、自分に渇を入れたいくらいですが、あの時は皆さんのコメントが骨の髄までシミシミで………。

ブログ、やっていてよかったなー。

皆さん、優しいなぁ。

と何度も思ってしまいました。

たまに思いの丈を吐き出させていただけたら幸いです。

皆さま、一緒にがんばりましょう!