ゆるキャリママの家庭学習メモ

ゆるキャリママの家庭学習メモ

2025年中学受験予定?な息子とママの家庭学習の記録

貴重体験!娘に、人生初の足し算を教える!?

 先日、娘にせがまれて購入したドリル↓

 平仮名を完璧にしたいなぁ、と思ってZ会のドリルを進めていたのですが、娘に毎日のように「足し算のドリルはいつ買ってくれるの??」と言われ続け、根負けしました。

 

案の定、Z会のドリルは放置気味
しばらく足し算をやりたいんですって!(涙)

melody9.hateblo.jp

足し算を知らない子どもに足し算を教える。

わたし、人生初です!

息子は年長クラスの終わり頃、クラスで足し算が流行していて

(3+5って知ってる~? 8だよ♪みたいなノリだった)

自然と繰り上がりなしの足し算ができていました。

そもそも平仮名の学習進度に頭がいっぱいで、足し算に手をつけることすら考え付かなかったんですけどね(;^_^A

 

それでもなんとかなったので、娘に対しても、足し算は後回しって感じでした。

 

正直、どうやって教えたらいいのかわからない。

ドリルに完全に沿って進めました。

○+1からスタートして、今は○+3

 

ドリルを見た印象だと、足し算を理解する流れとしては、

 

数字表の理解→色の違うおはじきを使用したさくらんぼ計算→足し算練習

 

 小1生が、授業で足し算を習う流れと同じ感じでした。

計算をする様子を見ていると、娘は手を使ったり、数字表で数字を足したり…まだ手探りかな?

 

せっかく足し算を教えるよい機会でしたが、わたしが息子の勉強や家事でバタバタしている間に、息子が娘に足し算のやり方を伝授。

丸付けをしたり、間違えている問題を指摘して、教えてあげたりしていました。

 

ガーン……せっかくの貴重体験をとられた(涙)

 

あっという間に足し算がわかるようになってきたのは嬉しいけど、ママは平仮名カタカナを完璧にしたいのです(*T^T)

 

娘が足し算ばかりを自主的に進めるため、放置なZ会ドリル

なんとかやってほしくて、

Z会ドリル終わったら、すみっこぐらしの絵本買ってあげるよ~」

ついに物でつる作戦(ToT)

物に釣られたのか?母の気持ちを察したのか??

この週末は、久しぶりに自主的にZ会ドリルに取り組んでいました。(ホッ!)

 

娘、足し算楽しそうなんですよねぇ~。

算数好きだと嬉しいなぁ。

 

 

まもなく年長クラスの娘

(な、なんと!あと2日!?)

かなり短時間ではありますが、夜の学習習慣が定着しました。

夜に息子の横で、ドリル2枚。

気分がのっているときは、朝もサクサク進めてくれます。

 

最近、わたしは自分の丸付け仕事が増えた気がしていますが、なんとか娘が次にドリルを開くまでには丸付け完了!を死守しています。

娘は花丸の他に、「じょうずだね!」「がんばりました♡」のコメントが入るとさらに上機嫌♪

欄外に短くメッセージを付けてくれることもあるので(「ママだいすき」など)、そちらにもお返事をカキカキ…(「ママも♡」)

 

2人分の勉強をみる。

正直、大変だし、負担。

授業準備…とまでいかなくても、それぞれの進捗具合で次の対策を思案したり、モチベーションUP策を講じたり、時に雷落としてみたり………。

通勤時間や仕事の休み時間は、子どもたちのことで頭がいっぱいです。

 

ただ、長引く休校の最近

我が家は家庭学習の習慣を付けておいてよかったなぁー。

とよく思うんです。

学習の遅れは感じないし、子どもとの勉強を通じたコミュニケーションも図れる。

一緒に勉強できるのは、きっと小学生まででしょう。

いつか通塾もするだろう、そう思っていますが、自学自習を完全にできるまでは、わたしにできるサポートを続けていこうと思います。