ゆるキャリママの家庭学習メモ

ゆるキャリママの家庭学習メモ

2025年中学受験予定?な息子とママの家庭学習の記録

ハッキリしない息子。サッパリした娘

 夏の思い出に、と今年の夏休みはドラえもん映画に行く予定です。

f:id:melody9:20200805084325j:plain

 
コロナ渦の映画館。
チケット購入で並ぶことがないよう前売り券を購入したり、混みにくい平日に行こう!と息子小学校の夏休みやわたしの仕事を調整して準備を進めていました。
 
 
娘はウキウキして、「いつ行くの??」と何度も質問。
まだ公開もされていないんですけどね(笑)
 
 
わたしも数少ないレジャーを楽しみにしていました。
 
 
ところが、昨夜になり息子が小声&モゴモゴ
 
「ぼく……お家でお留守番する………。」
 
はい!?
 
しっかりセリフが聞き取れないほどの小さな声で、口のなかでモゴモゴ。。。
何度か聞いて、やっと聞き取れました。
 
行かない理由は、昨年の作品を映画館で観たときに画面いっぱいに般若?鬼?が出てきて怖くて息子は号泣したんです。
だから映画館は怖いから、行かない、と。
 
 
一方で、昨日の夕方には、学童の帰り道でもモゴモゴ………
 
わたし「え!?何?何言ってるかわからないよー」
 
何度か聞いて、やっと「今日のお弁当、お腹一杯で食べきれなかった。でも、デザートは食べたかったから先に食べちゃった」という内容がわかったり。
 
 
何なの!?全部ハッキリ言えばいいじゃない!!!
 
 
わたしは怒り心頭………
 
 
冒頭のドラえもんの話。
息子は計画当初、乗り気だったんです。
 
おそらくわたしと娘が盛り上がっているのを見て、途中から映画館が怖くなってきた気持ちを言えなかったんだろうけど、その前のお弁当の話もあったから、わたしはイライラが止まらず。
(書いてみると、わたし大人げないですね。ちょっと反省)
 
 
娘「息子くん、本当に一緒に行かないの?パパはお仕事だから、1人になっちゃうよ」
息子「鬼が怖いから……」
娘「あんなの本物じゃないじゃない!(←おっと!)で、どうするの?行くの?行かないの??鬼が怖いとか、今は関係ないでしょ」
息子「うーん…」
「はっきり言ってよ!行くの!?行かないの!??」

 

性格の違いか?性別の違いか?生まれ順によるものか??

とにかく理由はわかりませんが、息子と娘の性格が真反対です( ´Д`)=3
 
 
息子は自分の意見というものをいつも持っています。
ただ、その意見を言葉にして人に伝えるのがとっても苦手。
間合いとか、何て言ったら伝わるのかな?とか、わたしや娘よりも細かく考えてしまう慎重派なのだと思います。
 
 
わたしにも子どもの頃にはそういう時期があったように思うし、これから大人になるにつれて変わっていくことも大いにあるはず。
 
 
 
今朝、家事をするわたしのもとに息子が来て、「やっぱり一緒に映画に行きたい」と言ってきました。
きっと一晩彼なりに考えたのでしょう。
 
大人的には、そんな大問題じゃないんですけどねー。

子ども2人同時の家庭学習。なかなか難しいなぁ。

 ゆるゆるペースで進めていた文理の漢字ドリルが終了しました。

melody9.hateblo.jp

 

入学前に漢字と友だちになっておこう!くらいの気持ちでスタートしたこちらのドリル。

娘にとっては量もレベルもjustでした。

 

このドリルをきっかけに、身近な漢字に興味を持った様子です。

 

娘「今日は金曜日。「お金」の金、だね♪」

「(小野さんのお宅の表札を見て)小さい…………何て読むの?」

「(絵本を見て)ママ!娘が知ってる「力」って漢字があった!!」

 

自分の知識範囲が増えてきたことが嬉しくて仕方ない娘。

娘を見ていると、【学ぶって楽しい】という根本的なことを思い出されます。

 

次は迷路のドリルがやりたいのだそう。

年中クラスの頃、点繋ぎと迷路にハマった時期があり、久しぶりにやりたくなったらしいです。

 

何か思考力を鍛えられそうなのがいいなぁ~♪

また良いのが探せたら、レポします!

 

 

*-----------*

週末は、息子の夏休み課題消化をがんばっていました。↓

melody9.hateblo.jp

 

記事にも書きましたが、自由研究レポートにかかった時間は、みっちり2時間!

 

息子とわたしが、制作過程で撮影した写真を見たり、文章をまとめている間、娘は静かに待っていました。

 

何を待っていたか?

 

それは、わたしが娘の相手をする時間。

自分の順番です。

 

 

ダイニングで息子にかかりっきりのわたしを、娘は催促したり、騒いだりせずに静かに絵本を読んで待っていました。

いつもそうなのですが、娘のこういうところ、いじらしいなぁ、と思います。

 

結局、待ちきれずに眠ってしまった娘。

 

リビングの小さなテーブルには、わたしと2人でやろうと娘が準備した地理ノートが置いてありました。

 

 

娘が寝てしまった後に気づいて、なんてかわいそうなことをしちゃったんだろうとなんだか反省。。。

 

 

夕方、自分で起きてきた娘に声をかけて、今日は2人だけでお風呂に入ろう!一緒に地理ノートをやろう!!と誘いました。

 

わたし「ママが息子と宿題終わるのを待っててくれたんだよね?ゴメンね。」

娘「うん。ずっと待ってたよー」

わたし「……そうか。ありがとうね」

 

夕方にお風呂に入ってから寝る前の絵本タイムまで、とにかく娘に付き合いました。

↑娘お気に入りのどんぐりむらシリーズ。

オール平仮名ではありますが、けっこうな文字数。

いつの間にかスラスラ読めるようになっていました。

 

 

最近、息子と娘の家庭学習を同時にみるのが本当に難しいなぁーー、と思います。

 

新規単元をどちらかに教えるときは、どちらかは演習。

だけど、演習している方にも声かけをしてあげないとやる気スイッチが切れがち。。。

 

結局は手薄になってしまった方にフォローを後から入れつつ、子どもたちが自学できるまで成長を待つしかないかなぁ~?

難しい問題です( ´Д`)=3

夏休みの宿題と今年の夏休み予定

夏休みが始まりました。


宿題はそんなにコンパクト化がなされておらず、事前にお知らされていた自由研究も通常通り出されました。
 
例年より多少は配慮されたのかな?な点は、絵日記の枚数が1枚だったこと(昨年は3枚でした)と毎日書く一言日記が無かったことくらい?
 
 
薄々感じていましたが、息子学校は宿題に関してはブラックなようです(-""-;)
 
 
とにかくさっさと片付けたくて、この週末は漢字練習プリントと算数プリントを隙間時間に進めました。
そのかいあって、算数は残り1/4ほど(10分くらいで終了見込み)、漢字は残り1/3かな?なところまで♪
 
嫌いな漢字プリントも「習い事に出かけるあと20分」「ご飯ができるあと少しだけ」となるとハードルが下がるようで、これは新たな発見!
 
そういえば、息子は朝10分しかしていない朝勉だけは順調そのもの。
低学年だからかもしれませんが、短時間集中派なのかもしれません。
 
 
 
絵日記は何かネタを用意しないとなーっと思っていましたが、息子学童は毎日のように小さなイベント続き。
デザート作りしたり、段ボール工作したりするらしい♪
 
ありがたやーー!

f:id:melody9:20200803083738j:plain

↑3COINS で、背負える水鉄砲をおねだりされました。

学童で水遊びする時に使いたいそうです。

こういうので喜ぶのも、あとわずかかな?

 

 
その他、次の金曜日に公開スタートなドラえもん映画を観に行ったり、お盆休みには家族でキャンプに行く予定です。

doraeiga.com

 

例年とは違う夏休み。

それでも、息子にとって少しは楽しい思い出を作れそうかな?

 

まあその前に、宿題終わらせないとね!

 

自由研究の制作は終了している我が家でしたが、レポートはまだ。

昨日の午後にみっちり2時間かけてレポートの下書きをしました。

 

内容は本当に大したことなくて、作品作りをした理由や制作工程、感想、参考文献でざっとレポート用紙3枚。

終わった頃にはぐーったりしていました(;^_^A

 

息子「今年は夏休みが短いから、夏休み前に制作終わらせておいてよかったよねー。じゃなきゃ学童もあるし、終わらないよ~」

わたし「だから夏休み前に制作しておこうって誘ったんだよ!」

息子「あ。そっか~♪」

 

相変わらず……な我が息子。

自走して、長期休みの課題を片付けられる日は遠そうです。。。

(来るのかなぁ??)